あろまちゃんぼうのよもやま話

うつ病、ハーブ、精油、その日の出来事について

私と相性のいいハーブたち

昨日占ってみたら、スイートマジョラムが私にはいいみたいなので、

さっそく、苗が売られているといいなと思ってプランテーションのお店

に行きました。

そしたら、ハーブの苗でいっぱい。

本当はマジョラムだけを買う予定でしたが、

マジョラムがなかったのでそれに近いハーブであるタイムを買いました。

また、どうしても海のしずくのような青い花を寒い時期に咲かせるローズマリーがほしくていっしょに購入しました。

f:id:aromachanbou:20191005190931j:plain

なお、自分でしらべてみたところ、

タイムは古代ギリシャでは「心の傷を癒して勇気と気品を与える」といわれ、

勇気の象徴とされて、花言葉は勇気と行動力でした。

「タイムの香りがする」とは男性への最高のほめ言葉だったそうです。

一方、ローズマリーは思い出と記憶のシンボルとされ、

シェークスピアの「ロミオとジュリエット」にも

ローズマリーは思い出のための花」とあります。

花言葉は「誠実」「親切」。

フランスの花言葉では「あなたが来てくれたので私の悩みが消え去った」

ということです。

なんか、タイムはやはり新たな行動を起こす勇気を与えるハーブであるようです。

そしてローズマリーは誠実であれということを私に言い聞かせているようです。

忙しい中、なかなか水遣りをすることができない日々がつづいて、

たくさんのハーブを枯らしてしまったので、

今度は枯らさないようにしっかりと水遣りと日当たりの良いところに

おいてあげたいと思います。 いずれのハーブもまだ苗なので、1年経たないと開花はしません。それまでに枯らさないようにしようと思います。

なお、マジョラムやタイムは煮込み料理に束にしてつかったり、クッキーやバウンドケーキの風味付けに使えます。

ローズマリーはジャガイモのグリルにそえて風味付けするとおいしいです。また、肉料理と相性がいいので、スペアリブの漬け込み液にらいれるとおいしくなります。

え?本当は花言葉より団子でしょって?

いやー、ばれましたか。