あろまちゃんぼうのよもやま話

うつ病、ハーブ、精油、その日の出来事について

風邪とインフルエンザに効くハーブティー

今年はインフルエンザの到来が2ヶ月はやいとのことです。


なる前に、なってしまったらすぐに対処できるハーブティーについてお話ししてみたいと思います。

 

おととし、家族全員がインフルエンザになったにもかかわらず、私だけが驚異的に回復が早かったのも以下の方法をためしてみたからです。


おととししたことを話してみます。

 

まず、特効薬のタミフルを発熱する前に飲み始めていました。

(最初になった次女のお残りを頂戴しました。)

自己責任のもとでやったことなのでお勧めしませんが、インフルエンザ菌は体内に入ると20分たたないうちに数千倍の勢いで増殖するそうなので、身体が増殖に対して反応する意味での発熱の前に増殖を叩きつぶすことは意味があると解して飲みました。

 

それと同時進行で、私は今回、常に喉をうるおさなければいけないと思ったのと、免疫を高める必要があると思って

 

エキナセア、ハイビスカス、ローズヒップオレンジピール、シナモンのブレンドティーをつくって飲み続けました。


(市販に似たようなミックスの茶袋が売られているのでそれでもいいと思います。)

 

たまに甘みがほしいときはエキナセアオレンジというコーディアルを足して飲みました。

 

エキナセアは本当に免疫を高める力があると感じます。

 

家族の中で最後までインフルエンザにならずに済んだのも

インフルエンザになってからも治りが早いのも

身体の免疫力が高まっていたからだと思っています。

 

またビタミンC補給にはローズヒップ、肉体疲労の回復には


ハイビスカスがもってこいとのことなのでブレンドしてみました。

 

もうひとつ飲み続けたのが

 

エルダーフラワー、リンデン、ペパーミントのブレンドティーです。

 

こちらはものすごい発汗作用があり、鼻づまりと鼻水解消に役立っています。

 

主人は咳がひどかったのですが、これを飲むと咳が緩和し、喉の痛みもおさまったと言っていました。

 

この三つともが発汗作用と上気道のカタル症状に効くからです。

 

やはり、甘みがほしいときにはエルダーフラワーのコーディアルを足して飲んでいます。

 

どちらも飲みやすいブレンドティーなので風邪やインフルエンザでお悩みの方は試してみてください。

 

ちなみにこうしたハーブはアメ横の大津屋で安く入手できますよ。

 

メール便ですぐに送ってくださいます。

 

また、コーディアルはアマゾンですぐに手にはいります。

 

あとはひたすらふとんをかぶって寝る。


これにつきます。

 

上手にハーブティーを使って今年のインフルエンザの襲来を乗り切りましょう。