あろまちゃんぼうのよもやま話

うつ病、ハーブ、精油、その日の出来事について

イライラをとめるカモミール

というわけで今日はジャーマンカモミールと リンデンとパッションフラワーの ブレンドティーを飲みながらご紹介します。 ジャーマンカモミール 学名:Matricaria chamomilla (Matricaria recutita) 和名:カミツレ 科名:キク科 使用部位:花部 主要成分: …

免疫力を高めるエキナセア

今日のお話のお供は、リンデン、バラ、 マロウ、カモミール、ミント)のティー。 マロウが入っているからとレモンたらしたけ ど少量のせいか ピンクにはなりませんでした。 なんとなく喉に良い感じ~。 今日、紹介するのはエキナセア。 エキナセア(Echinace…

アダルトチルドレンの枠で

私は二回目の診察で事の顛末を先生に話したら一冊の本を渡された。クラウディア・ブラック著「私は親のようにならない」サブタイトルとしてアルコホリックの子供たちとかいてあった。見た瞬間、あおざめた。なぜなら、私の父はアルコール症で早死にしたからであ…

ダイエットの時期を狙って 女性

今日は月経の周期を狙いながら効率の良いダイエット法を 書いてみたいと思います。 月経がはじまった日から、次の月経がはじまる前日までの サイクル中に、卵巣から分泌されているのが女性ホルモンです。 <女性ホルモン> ○エストロゲン(卵胞ホルモン)こ…

万能の薬箱 エルダーフラワー🌿

エルダーフラワー 学名:Sambucus nigra 和名:西洋ニワトコ 科名:スイカズラ科 使用部位:花部 主要成分: ・フラボノイド配糖体(ルチン、クエルシトリン) →ルチン:ビタミンP、バイオフラボノイドと呼ばれる野菜や果物から発見された水溶性の植物色素の…

疲労回復には ハイビスカス🌺

これから、備忘録をかねて、代表的なハーブの勉強をします。下の方に使い方が書いてありますので参考にしてください。 今日は南国の真っ赤な大輪の花、ハイビスカスです。 ハイビスカス 学名:Hibiscus sabdariffa 科名:アオイ科 使用部位:ガク部 主要成分…

癒し愛の出来事やミラクル

病室には私以外に4人の患者さんがいた。 一人は私のとなりにいた摂食障害と軽い精神病の若い奥さん。やってはいけないと言われているにも関わらず、シュガーカットとしょうゆを混ぜたものを隠れながらおいしいといいながらのんではといれで吐いていた。 母親…

私と相性のいいハーブたち

昨日占ってみたら、スイートマジョラムが私にはいいみたいなので、 さっそく、苗が売られているといいなと思ってプランテーションのお店 に行きました。 そしたら、ハーブの苗でいっぱい。 本当はマジョラムだけを買う予定でしたが、 マジョラムがなかったの…

高血圧でも大丈夫な精油

アロマセラピストさんはご存じのかたが多いと思いますが、高血圧症の方はアロマトリートメントをご遠慮願うことが多いです。 でも、ちょっとだけ血圧が高めというだけでアロマトリートメントを受けられないというのはどうもいただけません。 癌に対する考え…

自然にかこまれた精神病院での生活

私が精神科クリニックを訪れたときはもうめちゃめちゃだった。 待合室で、足を引きずり、頭をあちこちにぶつけては助けて、助けて、とつぶやいていた。先生も慌てて鎮静剤の注射をうつぐらいだった。 自分が何をしでかすのか怖かった。クリニックに行く途中…

風邪とインフルエンザに効くハーブティー

今年はインフルエンザの到来が2ヶ月はやいとのことです。 なる前に、なってしまったらすぐに対処できるハーブティーについてお話ししてみたいと思います。 おととし、家族全員がインフルエンザになったにもかかわらず、私だけが驚異的に回復が早かったのも…

コーヒーのアロマ

精神的に重い話ばかりだと憂鬱になるので これから、ときどき、ハーブや精油の話をはさんで、リラックスしたいと思います。 第1回目はコーヒーのアロマについてです。 コーヒーは眠気覚ましになるとか発がん物質であるとか いろいろといわれておりますが、 …

私がうつ病を発症したわけ

もうはるか30年前、私は恋愛のこじれでうつ病を発症した。 相手は9歳年下の島出身の会社の同僚だった。 カトリックで結婚を前提に付き合ってほしいと言われ、本気にしてしまったのがそもそもの間違い。しかし、お互い惚れあっていたのはたしか。 私も恋愛経…

ブログをはじめるに当たって

10月にはいって、ブログをはじめることにした。 これから、まずはうつ病の発症から障害年金をもらったあとまでの話と大好きなハーブを紹介していきたいと思う。よもやま話もしていきたいと思う。 まずはうつ病についてだが、以下の項目に分けて話したい。◆発…